初級者のための、動画・音声・イラストによる英語発音解説ブログ (by 英語の発音教室PLS)

【最重要子音】LとRの発音を言い分けるのはそんなに難しくない(動画付)

英語の発音でよく言われるのは、

日本人にとって L と R の発音が難しいということ、です。

特に R の音は日本語にない音なので、最初は分かりにくいかも知れませんし、聞き取ることは難しく感じると思います。

でも自分で発音する時に、言い分けることはそんなに難しくないです。まずは基本形の口の動きで発音する練習をすれば、大抵はネイティブはちゃんと聞き取ってくれるはずです。

むずかしい、とあきらめる前にぜひ、できることだ!と思って口を動かして発音練習してみましょう。一歩前進できますよ。

 

Lは音が弱くなりやすい

Rの発音はこちらの記事(Rは巻き舌にする必要はなし)で詳しく解説していますのでご参照ください。

ポイント:唇を「ウ」のようにすぼめた形から始めると舌を上げやすくなります。

 

Lでよくあるのは、音が弱いということです、舌の力が弱いんです。Lで始まる単語だったらあまり目立ちませんが、語中などにあるLは、途端に音が弱くなってしまう方多いです。

Lは、舌の筋肉をつけるのに良い練習です。上歯の歯茎あたりをたたくときに、触る程度ではなく、しっかりあてて勢いよく離すくらいの気持ちで大きく動かした方が、効果的な練習になります。

 

LとRの発音解説と練習

 

light-right、lice-rice、lane-rain の違いが発音できましたか?

 

口・舌が柔軟に動くようになるよう大きく口を動かして練習しましょう。

 

 

0

SNSでも更新情報をお知らせします。

 

Facebook  Twitter  Instagram

コメントを残す



*このあとの確認画面はありません。上記ボタンを押すとコメントは送信され、元の記事画面に戻ります。お間違えがないかご確認ください。
*コメントは承認制です。管理人が承認後、公開されます。
*非公開をご希望の場合には、その旨をコメント欄にご記入くださいませ。