初級者のための、動画・音声・イラストによる英語発音解説ブログ (by 英語の発音教室PLS)

【「ア」系母音】シンプルで発音しやすい母音なのに(音声付)

「ア」のように聞こえる英語の母音は3つです。

[a]  [A]  [V]([E])

4つ、とも数えられますが、できるだけ覚えやすくするため、私は3つとしています。

[V][E]は、記号が違いますが、同じ音と考えています。(ちなみに、その違いは強いか弱いかです。)

今回は、[V](逆さブイ)を取り上げます。

比較的簡単な [V]

実は発音しやすい音です。

口の動きもシンプルだし、日本語のアの音に一番似ていると思います。ただ、キレがあるように短く強めに発音すると、日本語のアとの違いが出ます。

  少し力をこめて、喉から勢いよく前方に発するように。

  くちびるは縦に軽くあける程度でOK

  口内も大きく広げる必要なし

 

意外に間違う理由は?

英語の母音があやふやになっていると、なんとか英語っぽく出そうと、口周りを余計にあれこれ動かしてしまうものなのですが、この母音は、それが表れやすいんです。

例えばよく出てくるこんな単語です。

come/hungry/company/husband/country/lunch

 

あえてありがちな発音で言ってみました。NG発音ですが何が違うかわかりますでしょうか。

これはどちらかと言えば[A]っぽいです。

 

発音の仕方と正しい音はこちらです。

こんな風に素直にだしましょう。

なんだ日本語と似ている?これでいいのか?なんて思ってしまうかも知れませんがこれでいいんです。

発音の仕方が簡単で、日本語に近い出し方をする母音もあるのですから、それはわれわれ母国語の感覚を利用して簡単にとらえていいと思うのです。

一方で、ちょっとわかりにくくしっかり口を動かして練習したほうがよい母音もありますから、それはそれでしっかり練習する。そうするとより早く習得できるのではないでしょうか。

 

まあ何よりも、カタカナで英語を表そうとせずに、英語学習をするなら、違う言語の違う音を学ぶ意識を持つことですね。

 

これだけフォニックス

*発音記号を学んでいる方向けのこれだけ知っておくと便利なフォニックスの紹介です。

カタカナ表記では「ア」となるので、その母音がア系母音のどれかだと思うが発音記号がないのでどれだか分からない、という場合の判断の仕方は、

綴りがuなら、[V] です。

hungry/husband/lunch

 

ただし、「基本的に」です。例外が多いのが英語学習者を悩ますところなのですが。。

綴りが「u」でなくて、でも発音は [V] の場合は、ひとつひとつ覚えていくしかありません。。。

 

また他の母音の解説も載せていく予定です。

 

0

SNSでも更新情報をお知らせします。

 

Facebook  Twitter  Instagram

コメントを残す



*このあとの確認画面はありません。上記ボタンを押すとコメントは送信され、元の記事画面に戻ります。お間違えがないかご確認ください。
*コメントは承認制です。管理人が承認後、公開されます。
*非公開をご希望の場合には、その旨をコメント欄にご記入くださいませ。