初級者のための、動画・音声・イラストによる英語発音解説ブログ (by 英語の発音教室PLS)

【即効!脱カタカナ発音】語尾に母音をつけない(音声付)

カタカナ発音でまず目立ってしまうのは、語尾に余計な母音をつけてしまうことです。

日本語は、「子音+母音」のセットで1音を形成しますから(あいうえお、ん は除く)、その影響で英語の時もつい最後に母音を言ってしまいます。

例:stand 、speak、left 

  ↓NG

  stando、speaku、lefto

綴りをよくみると、どれも子音で終わってますよね。ですから、~d!  ~k!  ~t! で止めましょう。(補足:語尾の綴りについて)

簡単です^^

ちょっと意識すれば余分な音を出さずに済んで省エネになるし、通じやすくなりますから、英語をされる方は、独学でもすぐにできることですから、今日から気を付けて定着させてしまいましょう。

 

発音指導の現場では

発音レッスンをスタートしたばかりだと、このようにうっかり母音をつけてしまう方はそれなりにいます。

ですが、ちょっと指導すれば、すぐに余計な母音はなくなっていきます。

また、インストラクターの発音と自身の発音がなんか違うな~ とすぐに自己気づきがあってやがて直ります。数回のレッスンのうちに、うっかり母音をつけてしまう人はいなくなります。

なので、独習でぜひ直してしまってください!

 

音声で練習

ありがちなNG発音を真似してみました。

大げさにつける人は少ないですが、このようにわずかについ言ってしまうものです。

NG発音 

正しい発音:stand, speak, left

ぜひ声に出して練習してみてください

補足:語尾の綴りについて

カタカナに影響されずに、語尾の綴りをみて、その文字通りに発音すればいいと説明しましたが、例外がありますので補足しておきます。

単語の綴りが「母音字」で終わるのですが、発音しないものがあります。

それは、語尾の「e」です。

 

例:drive believe   same    love type 

これは、発音しないけど、綴りでは書く、んです。このようにe で終わる単語はたくさんあります。

 

といっても、この e を、「エ」とうっかりつけて、発音することはあまりないんですが。

例えば、nice  という単語をみて、 ローマ字読みをして、ニセ とか、ナイセ とかいう、大人の英語学習者ではまずいないでしょうから、大丈夫でしょう。

もちろん、 ナイs  と    s で止めて、(ウ)つけないでくださいね。

語尾の音はもともと強く発音されません。弱く、子音で終わりましょう。

 

(関連記事)

語中にもいらぬ母音をついつけてしまう英語の子音連続とは

 ・子音連続が発音しにくく、かつ通じないワケ

 ・子音連続の発音解説とコツ(動画付) 

0

SNSでも更新情報をお知らせします。

 

Facebook  Twitter  Instagram

コメントを残す



*このあとの確認画面はありません。上記ボタンを押すとコメントは送信され、元の記事画面に戻ります。お間違えがないかご確認ください。
*コメントは承認制です。管理人が承認後、公開されます。
*非公開をご希望の場合には、その旨をコメント欄にご記入くださいませ。