初級者のための、動画・音声・イラストによる英語発音解説ブログ (by 英語の発音教室PLS)

~ingの発音でよくありがちなまちがい発音は2つ

進行形や動名詞などで出てくる「-ing」の発音についてです。単音での発音は難しくないものの、よくありがちな間違い発音が2つあります。

   音節が多くなっている

   語尾が「g」の音になっている

「-ng」の発音記号は、[ŋ]

綴り字が「ng」や「n」の時、[N]の発音になります。

多くは語尾にくる、進行形や動名詞の「ing」の「ng」の部分ですね。

進行形でなくても、語尾が「ng」の語も同じです。sang[sAN]/long[lc:N]

語中に出てくる場合は、綴り字は「n」が多いです。(例:bank[bANk]、single[siNgl]

 

[ŋ]の発音の仕方

[N]は、音を飲み込んで鼻に抜けていくように発音するため、少し弱い音に聞こえます。(ほとんど聞こえないこともあります)

喉を緩めておき、「ン」という言うつもりで、音を飲み込んで鼻に抜きます。

音声:[N]-[N]-sing

 

ありがちな間違い発音

音節が2つ以上になっている

日本語の影響から、「イン・グ」と2音節で発音してしまうことが非常に多いです。さすがに「イ・ン・グ」と3音節になる人はいませんが。

この音節の数の違いというのは、自身で気づかないものです。どうしても日本語感覚を持ちこんでしまいますので。

筆者も元はカタカナ発音でしたから、その感覚が分からなかったのですが、ある時、ネイティブの先生に「eve・ning [i:vniN]」(2音節)の発音を指摘されたことがあります。自分では3音節で発音していました。なるほどネイティブは2音で発音する感覚があるのかあ、自分では気づかなかったなあと思った経験があります。

それから自分の発音が上達していき、だんだんと英語感覚がしみついてくると、生徒さんが音節を多くして発音している場合は違和感を感じるようになりました。

最初からネイティブ感覚をつけようと思わなくていいので、音をそのまま真似る、ここは1音節や2音節に収める、といった理屈も助けになりますから、日本語感覚を持ち込まないという気持ちをもって、違う言語を学んでいる意識を持つ、ということがまず大事だと思います。

 

gと混同している

子音には、[g]の音もありますよね。

「ng」は、綴り字に「g」が入っているために、つい[g]で発音してしまいやすいので気をつけましょう。

[g]は、喉を閉めるような感じで力が入っていて、喉を「グッ」と鳴らす発音です。

音声:[g]-big

 

[g]の発音の綴り字は、ほとんど「g」になっています。ただし、「g」を別の子音[dJ]で発音する場合もあります。(例)general [dJe^nErEl] / danger [de^indJC]

 

注意するのは語尾の [ŋ] だけでよい

語中にも[N]は出てきますが、気にしなくてもほぼ皆さん発音は正しく出来ます。

前出で挙げた単語など (例:bank[bANk]、single[siNgl]) 気にしなくても、正しい音になっています。

ですので気を付けるのは語尾の場合だけ、と考えていいと思います。特に進行形の「ing」は、「イング」という日本語感覚を持っているから、要注意なのです。

 

まとめ

  ingの発音は、1音節に収めること

 例えばこれらは1音節の単語である。 thing/wing/ring

  ingの発音は、語尾が[g]になりやすい。ngの綴り字で、[N]の発音。

 

  綴り字と発音の関係(フォニックス)

綴り字       発音

「ng」「n」・・・・[N]

   「g」・・・・[g][dJ]

 

0

SNSでも更新情報をお知らせします。

 

Facebook  Twitter  Instagram

コメントを残す



*このあとの確認画面はありません。上記ボタンを押すとコメントは送信され、元の記事画面に戻ります。お間違えがないかご確認ください。
*コメントは承認制です。管理人が承認後、公開されます。
*非公開をご希望の場合には、その旨をコメント欄にご記入くださいませ。