初級者のための、動画・音声・イラストによる英語発音解説ブログ (by 英語の発音教室PLS)

【最重要子音】s と sh の発音の仕方とよくあるNG(動画付)

ssh の発音の違いが出せることはとても重要です。英語を学ぶ方はぜひ発音練習して、区別できるようになりましょう。

そうでないと、例えば

seeshe  / sipship / seat sheet

が同じ発音になってしまいますよ。

英語に多い無声音

s [s]sh [ʃ]  は、両方とも”無声音”です。

つまり声を出しておらず、息だけで音を作っています。

息を出して音を作るということは、言い換えると多くは摩擦させて音にするのですが(ほかに破裂音、破裂+摩擦の破擦音などがある)、唇や歯や舌を用いて調音しているわけです。

 

sとshの音の解説

s は、舌先に力が入っています。

舌先を上歯の裏に接近させて、その隙間から息が漏れるときに生じる摩擦の音。小さな穴に空気が通るので、音には鋭さやクリアさがあります。

一方、sh[ʃ]は、もっと摩擦が広がった音です。

日本語で「静かに」という意味で、「シーッ」とささやき声で言いますが、ほとんど同じ出し方です。口内では、舌の前方が天井に接近し、そして息を出すと、幅広の薄い空間で摩擦が生じます。

 

動画で実践練習

まずは単音で出せましたか?

 

単音で出せても、単語や文章ではうっかり間違えてしまうものです。安定して出せるには練習ですが、あえて伸ばして発音してみる、ことも良い練習になります。

 

machine [məʃi:n] という単語も間違えやすいのでぜひご自分で伸ばして確認してみてください。綴りが、ch になっていて音が分かりにくいのですが、発音は sh の音です。s になる方、多いんです。

machineの発音

まとめ

s [s] は、小さな丸い穴からの息もれの摩擦音

sh [ʃ] は、横幅の少し広い範囲で起こる摩擦音  

といった音のイメージです。

 

0

SNSでも更新情報をお知らせします。

 

Facebook  Twitter  Instagram

コメントを残す



*このあとの確認画面はありません。上記ボタンを押すとコメントは送信され、元の記事画面に戻ります。お間違えがないかご確認ください。
*コメントは承認制です。管理人が承認後、公開されます。
*非公開をご希望の場合には、その旨をコメント欄にご記入くださいませ。