初級者のための、動画・音声・イラストによる英語発音解説ブログ (by 英語の発音教室PLS)

目立たない子音と発音のコツ(音声付)

今回はあまり目立たない子音を取り上げます。

[ʧ] ー [ʤ]

目立たない子音と言っても、英語らしく発音するにはカタカナとはもちろん音が違うのですが、カタカナで発音しても比較的通じやすいため、他のもっと大事な、間違うと誤解されてしまう子音たちの影に隠れがちのように思えます。

発音の仕方と音

[tS]ー[dJ]はペアの子音です。違いは、[tS]が無声音、[dJ]が有声音で、口の動かし方は同じです。

記号をみると、[t][S]がくっついていますが、音もその表記通りで、[t][S]を同時に発音する、と考えると分かりやすいと思います。 ([dJ]も同様)

 ←音声 [tS]ー[dJ]

カタカナの「チュ」「ジュ」との大きな違い

これら[tS][dJ]の子音は、カタカナになると、「チュ」「チェ」「ジュ」「ジ」などで発音されており、音が英語とそこそこ似ているので、通じないことは少ないです。

でも、指導中に生徒さんの発音を聞いていて特に感じることは、英語はもっと[t] [d]の音が強く聞こえる、ということです。破裂音が半分混ざっているのです。

ですから、意識的に、t や d を出そうと強く舌ではじくようにたたいてください。

それだけで、一気に英語らしくなりますよ。

 

単語練習

例えばこんな単語をカタカナ感覚で発音する時には、あまり舌をたたく動作はしていないと思います。imagine などは、たいてい「ジ」で発音してしまいますよね。

question[kwe^stSEn]  chair[tSe^C]  situation[sitSue^iSEn]

 ←単語の音声

suggest[sEdJe^st]  vegetable[ve^dJEtEbl]  imagine[imA^dJin]  age[e^idJ]

 ←単語の音声

 

しっかり、強く舌をたたきましょう。

[tS][dJ]は、「破裂音」と「摩擦音」が混じった音なので、「破擦音」と解説されます。その半分を構成している「破裂音」が聞こえないのです。

この子音は、指導すると比較的にすぐに出せるようになりますから、「破裂音」を意識してみましょう。

 

SNSでも更新情報をお知らせします。

 

Facebook  Twitter  Instagram

コメントを残す



*このあとの確認画面はありません。上記ボタンを押すとコメントは送信され、元の記事画面に戻ります。お間違えがないかご確認ください。
*コメントは承認制です。管理人が承認後、公開されます。
*非公開をご希望の場合には、その旨をコメント欄にご記入くださいませ。