初級者のための、動画・音声・イラストによる英語発音解説ブログ (by 英語の発音教室PLS)

あいまい母音の極意は、そこに母音がないつもりで(音声付)

「あいまい母音」または「シュワ」と呼ばれる母音があります。発音記号は [E] です。

その呼び名の通り、音は「ア」や「ウ」にも聞こえるけれど、なんだかはっきりしない弱い音に聞こえます。

あいまい母音は弱く発音します。なので、アクセントのある母音にはこの記号は出てきません。

例:connection [kEne^kSEn] famous [fe^imEs]

 

発音は難しくはなく、弱く軽く「ア」でいいです。

ただ、誰でも出せるのでつい軽く考えてしまう母音ですが、実はできると英語らしくなる重要な母音です。

 

「弱い」より「ない」くらいのつもりで発音しよう、あいまい母音

あいまい母音は、前後にくる音とのつながりによって「ア」「ウ」「オ」っぽく聞こえたりしますが、そういうことはあまり気にしなくていいです。

よくあるのは、弱く発音しているつもりでも、つい強く出てしまい、単語や文章練習になるとさらに目立ち、日本語っぽさがでてしまうことです。

弱い母音とか、あいまいに「ア」と言うとか、私自身もそう習いましたが、長年、発音指導してきて、実際に皆さんが発音するのを聞いていて、最終的にこれがいい、と落ち着いた説明は、

「あいまい母音は、そこに母音がない、と思う」です。

 

そして口もあまり動かさなくていいです。

口を開いて発音すると、どうしてもアと大きく音が出てしまうので。

そのくらいの気持ちの方が、いい感じの発音になります♪

 

但し、あいまい母音で始まる単語もあるので、この時は軽く声を出してくださいね。

about [EbO^ut] until [Enti^l] away [Ewe^i] など

 

実際に発音してみよう

connection/famous/distant/entrance/attention 

× ※あいまい母音が強めにでている例

 

〇 ※このくらいで充分ですし、英語らしくなります

アクセントのない音節の母音はあいまい母音になっていることが多いです。母音をあまり発音してないので、英語は早く発音できるんですね。

日本語の影響で

子音の間には母音をはっきり出し、

そのために口も大きくうごかしてしまう、

そうするとやはり音読のスピードを上げようとするともたもたしてしまうのです。

実際、よく聞いてみてください、英語は、アクセントのない音節の母音は弱化したり、あるいは飛ばしたりしていて発音していません。

 

ざっくりすぎるまとめ

あいまい母音は、そこに母音がなく、その前後の子音だけを発音するつもりがちょうどいい。

 

 

 

 

 

0

SNSでも更新情報をお知らせします。

 

Facebook  Twitter  Instagram

コメントを残す



*このあとの確認画面はありません。上記ボタンを押すとコメントは送信され、元の記事画面に戻ります。お間違えがないかご確認ください。
*コメントは承認制です。管理人が承認後、公開されます。
*非公開をご希望の場合には、その旨をコメント欄にご記入くださいませ。