初級者のための、動画・音声・イラストによる英語発音解説ブログ (by 英語の発音教室PLS)

walk と work が通じない時の一時的対処法

英会話を学び始めた時からよく出てきて、かつ通じなかった単語といえば、まず挙げられるのはやはり、

walk と  work ですね。

簡単な単語だけに、walkと言ったつもりが、相手にはworkと解釈されたら、少なからずショックだったりして、そして何がいけなかったのだろうと、もやもやしたりするものです。

そんな方のために、とりあえずこれだけでも間違わずに通じるコツを教えます。即効発音矯正です。

間違った発音になる一番の理由

手っ取り早くなんとかしたい!方のために、とても簡単に言うと、

綴り字に注目してください。

workには「r」が入っています。だから、舌が上がります、動きます。一方、walkは入っていないので、発音の際に舌は動きません。

英語らしく発音しようとするからか、「walk」を言うとき、舌を巻いたりしてしまってこもった「r」の音が入ってしまっていませんか。

ちょっとでもこもった音が入ると、相手がネイティブだったら、「work」だと思います。

 

walkと言ったつもりが、work ととられた、最も多い原因はそこにあると思っています

 

walk を発音する時の注意

なので、walkと言いたいが、発音のことは分からない!どうしよ、という場合には、

「ウォ」や「ワ」でいいので、最後に「k」で終わればいいのです。

日本語の「ウォ」や「ワ」と発音する時、舌は下がっていると思いますがその位置を動かさないように。

要は、こねくりまわそうとせずに、カタカナで素直に「ウォーク」

といった方が一番本来の発音に近くなります。

 

work を発音する時の注意

「work」はきれいに発音するならば、いろいろと言いたいことはありますが、今回は応急措置ということで、

母音のところで、口は軽く開ける程度にして、でも舌を上げてこもったような音を出すようにしてみましょう。

口を大きく開いて「ワーク」ではなく、口はやや閉じ気味で、舌を全体的に上に上げるようにしてこもらせるように発声します。そうすれば、「work」だととってもらえる確率かなり高いと思います。

 

まとめ

 walk ⇒舌はちょっとも動かさないで。下に位置。

 work ⇒舌をあげる、動かす。

 

今回は発音の応急措置的なコツなので、発音にもっと興味が出てきたら、英語の発音の基礎は学んでほしいなあと思います。

付け焼刃的な対処ではなく、包括的な基本知識があった方が、

あ、だから、この単語もこうやって発音するのか、

とカタカナが起点ではなく、英語の音素を起点に考えられるようになり、一気に正しく発音できる範囲が広がると思います。

 

 

SNSでも更新情報をお知らせします。

 

Facebook  Twitter  Instagram

コメントを残す



*このあとの確認画面はありません。上記ボタンを押すとコメントは送信され、元の記事画面に戻ります。お間違えがないかご確認ください。
*コメントは承認制です。管理人が承認後、公開されます。
*非公開をご希望の場合には、その旨をコメント欄にご記入くださいませ。