初級者のための、動画・音声・イラストによる英語発音解説ブログ (by 英語の発音教室PLS)

文章練習 We’re on our way ~. ourはかなり崩れる

今回の課題文

We’re on our way to the station.

 

文章の中で、弱く発音され、かつ母音が弱化する単語がわかり発音できるようになると、リスニング力にもつながります。

文を発音するポイント【学習】

We’re on our way to the station.

どの単語を強く、又は弱く読みますか? 

 

基本的に内容語を強く、機能語(内容語以外の文法的に正しい文を構成するための語)を弱く読みます。

 

We’re on our way to the station.

前置詞は、機能語になることが多いのですが、今回の「on」は、駅に行く道の「途上」ですよ、という意味なので、内容語に近い強さになります。

 

弱く読む単語の母音に注目してみよう 

文章内で弱く読む単語の母音は、弱化したり、あいまい母音と呼ばれる[E]になることが多いです。

例えば、

our [OuC]⇒[aC]

to [tu:]⇒[tE]

the [DV]⇒[DE] 

となります。

 

 リエゾン(連結)しそうなところは?

自然な速さで読むと、語尾の子音と語頭の母音がくっつき、切れ目なく2語が1語のように聞こえます。

 

We’re on our way to the station.

 

 

音声(2速度)を聞いて発音練習【実践】

 ゆっくり速度で練習

[slow speed]   We’re on our way to the station. 

 

ゆっくり速度だと、on とour の間はわずかに切って読まれているのが分かります。また、to やtheなどの短い単語は、ゆっくりでも、発音は短く母音も弱化しています。

 

 ふつう速度で練習

リズムにのって、強弱つけて 「普通」速度でも練習します。

[normal speed]    We’re on our way to the station. 

 

 

所有格の音の崩れ 【知識】

 ourはどう聞こえる?

今回は所有格にスポットを当ててみます。

所有格とは、your、my、his、her、their などですね。英語では日本語と違って所有格をよく使いますが、your や our など、短くサッと発音されます。つまり母音弱化、音のくずれが起きます。

ゆっくり速度「on our way」をもう一度聴いてみましょう。

 ←音声

聞き取りしやすいと思います。ディクテーションもできる方が多いでしょう。

 

では次に普通速度です。このような自然な音の崩れに慣れていないと聞き取りにくく、ディクテーションした時、聞き取れない、our がとれない、となる方が多いのです。

 ←音声

 

 

 your、ourを別の文できいてみよう

 ←音声

It’s your book.

 ←音声

Welcome our team.

どちらの文も、前の語と切れ目なく音がつながっています。

 

     

メイン投稿はブログですが、講座などのお知らせ事項やサブ投稿はSNSで更新します。

 

Facebook  Instagram