初級者のための、動画・音声・イラストによる英語発音解説ブログ (by 英語の発音教室PLS)

個人事業主は5年契約には要注意

先の記事に書きましたように、予約システムを変更しました。

前システムは2月末で契約終了となっていたので、早く次のシステムを設置しなければと思いながらも、最近体調不良気味なので結局ぎりぎりの設置になってしまいました。

新システムは、2社に絞って体験申し込みをして検討してきましたが、すべてウェブ上から手続きして、自分で設定した分、利用料が一気に下がりました。

 

前システムは営業を受けて、すごく推されてじゃあとりあえず試してみようか、ということで一年使ったのですが、やっぱり人が介入すると相手側も人件費がかかる分高くなるのは当然ですねぇ。

高かったといえど、最初の提示金額はもっと高くて、到底うちのような小さな教室ではむり、ということで断ったのですが、そうすると大幅に値引きしてきたので使ってみることにした、という経緯があります。

それでも現システムの月額の6.5倍です。

最初いろいろ設定の仕方を習ったりフォローはありましたが、最初に営業が言っていたような費用対効果は思うようになかったかなあと。

 

それでも今回勉強になったのは、予約システムの構成や設定のしくみが理解できるようになって、自分でサービスを探して検討できるようになったことと、どんなに良いサービスがあっても、それに見合う事業規模やこちらの需要がなければ、意味がない、ということですね。

中小企業と個人事業が必要とするサービスは違うわけです。

いくら、AIを駆使した素晴らしいシステム、でもウチには使う必要性がない、というわけです。

 

HPを掲げているとこんなに小さな教室でも、IT企業から営業の電話がかかってきます。しつこいところは何度もかけてくる(苦笑)

ですが、ホントに要注意だなあと思います。

営業さんは本当に言葉巧みですし、人がわざわざ訪ねてきて丁寧に説明してくれることはそれだけサービス料に反映されますからね。

全て設定などもしてくれて相手任せだと、何も分からなくてもHPを作ってもらったり、宣伝してもらったりできますが、費用がとてもかかります。

また営業さんが言うほど費用対効果は出ない可能性もかなり大きいように感じます。

 

自分でやってみれば案外できることも多いですし、それが自分の知識や経験にもなります。

また山ほどIT関連のサービスはありますから、手間や時間を惜しまずに自分の事業は自分が一番詳しいので、自分で考えてやってみて、どうしても無理なところは外部のサービスに頼る精神は個人事業には大事かなと思います。

 

あと、何年も前ですが、HP制作を外部依頼する時に、5年契約を提示する会社がいくつかありました。

しかもその会社独自のシステムを使って作るHPなので、あまり自分で自由に触れません。即お断りしましたが(苦笑)

 

上述の前予約システムの会社も最初、5年契約を提示されました。その時点で、検討する余地が全くないことを意思表示したら、他の契約方法を打診してきたって経緯もありました。それで一年契約をしたんです。

この移り変わりの激しいIT社会の中で、5年先なんて分からないだろう、と思うんですよね。

サービスもどんどん新しいものが出てきて、今使っているサービスが5年後も使い続けられるかなんて分かりません。

自分の仕事も5年後どうなっているか分からないし、さらに言うなら相手のIT会社も5年後存続している保証もありませんからね。

 

 

とまあ、見た目がちょっと変わった程度でユーザー側での予約システムの使い方はさほど変わりありません。受講中の方、休会中の方はご利用できます。

レッスン後に次の予約して帰られる生徒さんが多い当教室ですので、今の形態で充分そうです。

 

0

SNSでも更新情報をお知らせします。

 

Facebook  Instagram